高時給の私だから語れること

キャバクラの仕事と授業を両立した

大学生の時に中洲で昼間のバイトをやっていたのですが、たまに授業とバイトの時間が被ってしまい授業に出られない時がありました。せっかく大学生になれたのに真面目に授業に行かないのはもったいないことだと思えたので、昼間のバイトをやめて授業に専念してみました。でも、しばらくバイトをしないと金銭的に苦しくなってきたので、中洲キャバクラ求人で夜の求人をチェックしてみたんです。すぐに好待遇のキャバクラの仕事を見つけることができましたが、私のようなタイプの女性でもできるのか心配でした。男性の接待をするなんてすごく難しいと思うし、可愛い女の子じゃないと絶対に無理だと思うし。頭の中で考えちゃうとごちゃごちゃになっちゃうし、とりあえず好待遇のキャバクラ店に面接を受けに行きました。すると、店長から簡単に質問された後にすぐに採用されました。見た目的にも問題がなかったみたいで、すぐに新人としてお客さんの相手をしました。初めはすごく緊張しましたが、いい人に恵まれたので今でも楽しくやれてます。

女性画像

昔は考えられないようなことですが・・・

キャバクラでバイトするなんて昔は考えられないことでしたが水商売の世界に入ってみたらその魅力にとりつかれています。一生懸命やっていればそれなりに成果が見られるという話を先輩から聞いていましたが正直最初は疑っていました。それでもやってみたらすごく楽しい世界だったし、サラリーマンの方たちが、私から癒されるなんて、本当にありがたいことだと思いました。少ないお小遣いの中から来てくださる方が多いので、絶対に満足させたいという気持ちがありますし、儲けのためにあまりあからさまな営業をするのはやめようと思っています。最近は求人をかけたとしても女の子がつまらないというお店が増えているようです。もしかしたら水商売ということで色々な女の子だしは敬遠しているのかもしれませんが、キャバクラのバイトはそこまでひどい世界ではありませんし、みんなに夢を与える商売だと思っています。私はプライドを持ちこの仕事をやっていますので、同じように考えることが増えて欲しいです。

学校と仕事を両立したキャバクラ嬢

学校に行きながら昼間のバイトをしていたのですが、あまりお金がたまらないし授業が忙しくなったので仕事をやめました。でも、出来ることなら大金を稼ぎたかったでキャバクラの求人の中でも一番条件のいいお店で仕事を始めました。ただ、店長から説明されたときに分かったのですが、私が体験入店したお店はセクシーキャバクラだったみたいでお客さんに体を触らせるサービスがあることを後で知りました。もし、キャバクラで働こうと思っている人がいましたら、事前にお触りがある店なのか確認したほうがいいですよ。私の場合は、多少体を触れても時給が高ければ文句ないし、体をうまく使って固定客を増やせば大金を稼げると思っていました。そのため、先輩たちが拒みそうなサービスでも遠慮なくやってあげて多くの男性のハートをがっちりつかんでみたところ、すぐにナンバー入りを果たすことができました。途中からは学校に行くのがめんどくさくなりましたが、両立しながらうまく稼いでいます。

ストレス発散になる仕事だと思う

キャバクラのバイトは自分のストレス発散にもなっています。最初はお金が足りなくて求人を探していたのですが、いつの間にかこの仕事が自分の生きがいになっていました。今では出勤がない日はすごく1日モヤモヤしていることが多いですね。お店の女の子に会いたいなと思いますし、店長やボーイさん達とも楽しく会話をしたいと思ってしまいます。自分のプライベートも全部お店につぎ込みたいと思えるほど楽しい仕事です。今まで色々なバイトをしてきましたがここまで、楽しみながら働ける職場は少なかったような気がします。なので、なるべく長く働き続けたいと思っていますし、お給料に関係なく、ここのお店でお世話になりたいと思っています。もちろん高収入がもらえるというのも、ものすごく大きな魅力になっていますし、そのおかげで生活できているのですごく助かっています。それでもやっぱり一番魅力的に感じているのは職場環境です。この職場環境でなかったら、この仕事はできていないかもしれません。

おさわりなど一切ないキャバクラ

私が働いているキャバクラ店ではおさわり等は一切なしで、どちらかと言えば健全な営業をしているお店です。求人の広告にも、おさわり等のエッチなことはしないとはっきり書いていましたし、面接を受けた時に店長からしっかりとこのことをいわれました。そのため、接待術やトークなどを先輩や店長から教えてもらったりして、新人の時はお客を相手にする前に少しずつ勉強していきました。バイトとはいえ、キャバクラって多くの金が動く業種ですからお客さんに失礼があってはいけないと思いますし、しっかり気分良くなってもらうためにも私がマナーやトークをできないといけません。新人の時にしっかり接客術を覚えると、実際にお客さんの相手をしてもさほど難しくありません。お酒を飲むと私自身のコントロールが難しくなるので、失敗してしまうこともありますが、お客さんはそういう姿を見て喜んでくれることもあるのでたまには失敗も必要なのかもしれません。でも、大きな失敗だけはしないようにこれからも頑張ろうと思います。